韓国で大ブームの「ドクタースモーキング」で禁煙にチャレンジ

70日間タバコを吸いながら禁煙できるという、禁煙したい人には嬉しい禁煙サポートグッズがヤシ殻活性炭を使ったドクタースモーキングです。

サイトトップ > タバコについて

スポンサードリンク

韓国で大ブームの「ドクタースモーキング」で禁煙にチャレンジ

タバコについて


日本は世界の中でもタバコの喫煙率が高い先進国となっています。最近ではすっかり禁煙がブームとなっていますが、タバコ(煙草)はナス科タバコ属の一年草の亜熱帯性植物で、葉の成分には有毒で習慣性の強いニコチンを含んでいるので、一度習慣になるとなかなか止められないものです。


もともとタバコの喫煙は、アメリカ先住民によってヨーロッパの探検家が到達する以前から行われていたもので、約1500年前のマヤ文明期の絵画にも喫煙風景が描かれています。マヤ人はタバコを生贄を捧げる儀式や、占い、魔除けなど宗教的な目的でしていたようですが、現在でも北米のインディアンは宗教的な儀式にやはりタバコの葉を用いています。


しかしながら、タバコの害について特にいろいろ喧伝されているのが最近の実情で、喫煙の有害性に関しては、日本でも明治33年に、生命統計学者らが肺癌の増加について喫煙との関連を示唆されるなど、案外古くからその歴史はあったようです。


その後、タバコやタバコ煙の成分についてはさまざまな研究が行われてきました。こうして臨床的、病理学的、疫学的に人体への影響の研究が進んで、肺や循環器疾患の発症率や死亡率の上昇が更に指摘されるようになったのです。


現在では、健康増進法によって「国民は生涯にわたり自らの健康状態を自覚し健康増進に努めなければならない」と法的に規定されるようになり、又、健康増進の観点から受動喫煙防止対策として、受動喫煙防止の施設管理の必要な措置も規定されています。


対象となる施設や防止措置法は厚生労働省の受動喫煙防止対策で示めされ、いよいよヘビースモーカーも禁煙を意識せざるを得ないような状況ともいえます。


韓国で大ブームの「ドクタースモーキング」で禁煙にチャレンジ

MENU



スポンサードリンク